賃貸と購入

多くの経費処理が認められた賃貸経営

不動産を用いた賃貸経営をすることが人気になってきています。資産効率が大変良く、最大限にレバレッジ効果を利用することができ、かつそれほど手間をかける必要がない為、サラリーマンの方が副業で利用するケースが増えてきています。
賃貸経営をするメリットは、安定した収益が確保できることはもちろんのこと、もう一つ大きなメリットがあります。
節税効果を享受することができる点です。
不動産経営をして獲得した収益は、確定申告をして計算後に算出される所得税などを納付する必要がありますが、収支がマイナスになるケースが多く、逆に本業での給料をもらう際に支払っている源泉所得税の部分を還付してもらうことができることがあります。
これは、不動産投資に係る部分を確定申告する際に認められる経費が結構たくさんある為です。
しかも、減価償却費といって物件の資産価値の減少を経費として集計することができます。
実際の出費がない経費ですから、実際の金銭の収支はプラスでもこれを含めるとマイナスになるケースが意外に多く発生します。

賃貸と購入との違いを知ろう

賃貸と購入との違い 新居を用意する方法としては大きく分けて新しく物件を購入する、そして賃貸を利用するという方法があります。
賃貸と購入との違いについて知っておきたいですが、まず購入した場合はその物件は購入した人のものとなります。一戸建てやマンションは一括で購入することは難しいので、多くの場合は長期の住宅ローンを組んで支払っていくこととなります。
賃貸の場合は毎月の家賃は必要ですが、ローンを組む必要はありません。購入した場合はその物件に固定資産税もかかるようになりますが、そうした税金の負担もありません。
そして入居している間はずっと家賃を支払い続けることとなりますが、いつまで支払っていてもその物件が本人のものとなることはありません。
そのかわり引っ越しは自由に行うことができ、ライフスタイルに合わせて最適な物件を選ぶこともできます。
購入した場合はリフォームや間取りの変更などは自由に行うことができますが、賃貸の場合はかなり制限があり、退去時には元の状態に戻しておく必要があります。